ひとこと

  •  マンガのアニメ化は吉と出る場合と、凶と出る場合がある。私が思うに「ちはやふる」などは吉と出たケースだと思う。実際、アニメは、動きが加わる分、原作のマンガ以上に面白いと思う。で、問題は音楽アニメの場合。「ピアノの森」が現在放送中だが、私には、カイの演奏はもちろんだが、阿字野の演奏も、劇中で誉められているほどに素晴らしいとは思えないんだよね。だから、彼らの演奏シーンになると、アニメそのものがシラケてしまうんです。「この人たち、上手は上手だけれど、天才でもなんでもなく、普通のピアニストさんじゃないの? いくらアニメでも大げさだろ…」って思うわけです。つまり、マンガでは実際の演奏音は聞こえないから、そこは読者が脳内補完をするので、最高の演奏が聞こえるわけだけれど、アニメでは実際の音楽を聞かせてしまうから、それをどう感じるかで、感動もすれば、シラケてもしまうわけです。「ピアノの森」毎週楽しみに見てますが、音楽が鳴ると…ダメなんだよなあ。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ピアノ発表会を見学して思うこと その8 息子君が発表会に出ました | トップページ | 紅白に中村中(なかむら・あたる)が出ますネ »

2007年12月12日 (水)

音をぶら下げないためには…

 キング先生から、だいぶ声が出てくるようになってきたので、そろそろ音程にも気をつけて歌うようにしましょうと言われました。

 私は音痴というほどではないにせよ、音程が甘いところがあります(自覚症状あります)。特に五線の上の音がぶら下がり気味になる事が多いのが、一番の特徴でしょう。そこでキング先生からのアドバイスは以下のとおり。

 1)音程は上からとる
狙った音を、低めのイメージから入ってヨイショと高い方へ修正するのではなく、高めのイメージで入って微調整しなさいということ。これをやると、音がうわずる事もあるけれど、ぶら下がるよりはうわずった方が音楽的にはマシなので、音程は上から取るように癖をつけなさい、との事。

 2)声を鼻に入れない
私の癖の一つに『鼻声』があります。だいぶ良くなってきたとおっしゃってくださいますが、それでも時々(高音になると)鼻に声が入ります。鼻に声が入ると、てきめんに音程が下がるそうです。時々鼻をつまんで歌うなどの鼻声対策の練習は欠かさずにしましょう、との事。ただし、鼻に声を入れてはいけないけれど、鼻腔に声はたっぷり響かせなければいけません。(私にとって)似ているようで全く違う事を同時にしなければいけないのは、ちと辛いです。

 3)周りの音を聞き過ぎない
周りの音を聞いて歌うのは良いけれど、聞き過ぎると音が下がりますとの事。耳で聞いた音に合わせて声を出そうとすると、大抵低くなってしまうので、そこは注意して、常に音程は高めにとって歌いましょう、との事。理由は聞きそびれました(汗)が、周りの音を聞きつつも、自分の身体の感覚を忘れずに歌いましょう…というように解釈しました(汗々)。

 4)力まない
無駄な力が入ったまま歌うと必ず音程が下がるそうです。いつもリラックスして、力を抜いて歌うようにしましょう、との事。柔らかい声で発声することが肝心なのです。自分では小さめの声のつもりでも、発声がきちんとできていれば、案外、声って遠くまで通るものだそうです。

 5)たまには奥さんに聞いてもらうといいですね
ある程度出来てきたら妻の前で歌えとのこと。歌の出来は自分では分からないことが多いので、他人の耳で確認することが大事。すとんさんのところは奥さんも歌う人なんだから、聞いてもらって確認するといいでょう、との事。

 ええと、ここを読んでいる独学者の皆さんにご注意します。この5つの注意は、誰にでも当てはまるものもあれば、私個人だけに向けたものもありますので、注意してね。たぶん4以外は私個人向けの注意のような気もするので、一般的には「力まないでね」だけを参考にしてください。

 で。

 さっそく1~4は気にします実行します。5は…照れるねえ…。彼女は時々、私の練習に聞き耳をたてていますが、何か言うことはあまりありません。夫婦って近い関係だから、お互いの批評って、言いづらい部分がありますわな。まあ、面と向かって歌ったり言ったりするのはなんだから、たまにはそれとなくと言ってくれると助かります>My Wife。

 奥さんは照れるので無理でも、そのためのプリマヴィスタがあるので、パソコンに音程の判定をしてもらうことにします。結構シビアな判定をするのよ、プリマヴィスタって。

« ピアノ発表会を見学して思うこと その8 息子君が発表会に出ました | トップページ | 紅白に中村中(なかむら・あたる)が出ますネ »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

私はピッチが上ずる傾向があります。

例の講座で指摘されましたが、ちょっとした口の動かし方で修正できることが多く、驚きでした。

>Ceciliaさん

>ちょっとした口の動かし方で修正できることが多く、驚きでした。

 なんか分かるような気がします。知ってしまえば何てことないのでしょうが、それを教えてもらえていないばかりに苦労する…、何事にも先達はあらまほきことなりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17340970

この記事へのトラックバック一覧です: 音をぶら下げないためには…:

« ピアノ発表会を見学して思うこと その8 息子君が発表会に出ました | トップページ | 紅白に中村中(なかむら・あたる)が出ますネ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん