ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 救急車で運ばれてしまいました | トップページ | スタートに戻り…過ぎました(涙)[12月第3週・通算16週] »

2007年12月21日 (金)

ピンチはチャンス

 で、なんだかんだと言いながらも、多少の無理を押し通して、今年最後のレッスンに行って参りました。最初にキング先生には「腰を壊していますので、今日のところは、色々と勘弁してください」とあやまってからレッスンに入りました。

 やっぱり腰がダメだと、色々と発声上の支障がありますね。でも、そんな時こそチャンスだとキング先生はおっしゃいます。身体が痛い時は、どうしても身体に神経が集中してしまいがちだけど、そんな時だからこそ、身体の使い方をチェックすると良いでしょうとのこと。

 まずは脱力。変な力を入れると腰が痛いので、それを利用して、日頃無駄な力が入っているところをチェックしてみましょうとのこと。

 最初は姿勢から。私の立ち姿は、胸を張り、ややふんぞりかえっている姿がデフォルト。これは「良い声を出そうと意気込む→胸を張る→胸を張った状態でバランスを取るため、ふんぞりかえる」という仕組み。胸を張ると背中がしぼみ、背中がしぼむと背中をうまく使えなくなるので、胸を張るのをやめてみましょう。そして、ふんぞりかえるのも止めれば、息はまっすぐ身体から出てくるでしょうとの事。

 実はこれは難しい。立ち姿は癖になっているので、胸を張らずに普通にまっすぐに立つと、なんだか前のめりになっているような気さえします。胸を張ると手が開いて前から見えるようになるので、そこでチェックできますと言われました。ほほう、そういうチェック方法があるんだな、心がけるようにします。

 次は発声。もう、身体のあちらこちらに無駄に力が入りっぱなしです。もちろん初歩の段階ではある程度は仕方のないこと。今まで使ったことのない筋肉を覚醒させ動かさなければいけないわけですから…。私もキング先生に習い始めて、間もなく1年。まだまだと言っちゃえばその通りだけれど、先生の指導のおかげで、色々なことが無意識にできるようになってきてます。先生に言われて、身体のあちこちから力を抜いてゆきます。ヘナヘナ声になってしまうのではないかとビビりながらやっていくと…案外ヘナヘナにはなりません。声量も落ちるのではないかと心配しても…案外落ちないものです。必要なところには力を入れないといけませんが、無駄な力を抜いても響きがなくなることはありません、と先生はおっしゃいます。まさにそのとおり。なるべく楽に歌えるようにしましょうと先生はおっしゃってくださいました。

 [今日は痛む]背中と、喉の奥さえ注意しておけば、あとは身体が勝手にいい感じで調整できるようになっていることを確認しました。これもキング先生のご指導のおかげです、感謝です。でも逆に言えば、私の場合、背中の使い方と喉の開け方がまだまだ意識しないとダメなレベルというわけでもありますね。もっとハミングの練習が必要だな(ボソッ)。

 今年のレッスンは「千の風になって」を独唱して終わり。ポピュラーソングって何でもありなので、この手の曲をクラシックのアプローチで歌うのって、簡単なようで難しかったです。

 来年一発目の課題曲をいただきました。かつてキャスリーン・バトルのCMでの歌唱で有名になった「オンブラ・マイフ」です。キング先生について約1年、おお、始めてのイタリア古典歌曲だ、うれしいなあ。

« 救急車で運ばれてしまいました | トップページ | スタートに戻り…過ぎました(涙)[12月第3週・通算16週] »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17427291

この記事へのトラックバック一覧です: ピンチはチャンス:

« 救急車で運ばれてしまいました | トップページ | スタートに戻り…過ぎました(涙)[12月第3週・通算16週] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん