ひとこと

  •  今時、インターネットエクスプローラーを使っているヤツが悪いんだろうけれど、今日のインターネットエクスプローラーは動きが遅いし、挙動が不審だ。でも、インターネットエクスプローラーじゃないと困る事だってあるんだよね。最新ブラウザのエッジがすべての面で、旧式のインターネットエクスプローラーよりも優れているわけじゃないしね。ああ、困った困った。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 記事削除の依頼があったため、削除しました | トップページ | ピアノ教室を見学して思うこと その9 最初からしっかりした先生に付いた方いいですよって言われます »

2007年12月27日 (木)

病院へ行きました

 ぎっくり腰の話です。音楽とは一切関係ない話ですが、まあ、聞いてくださいな。

 救急車で運ばれた話の続きです。とりあえず五日分の炎症止めと痛み止めをもらって様子を見ていました。薬の効き目もあり、その間は、どうしても片づけなければいけない仕事や会議もあり、最低限の時間だけ出勤して仕事を片づけたり、キング先生の今年最後のレッスンに行ったり、息子君のメサイアを聞きに行ったり、某所でマル秘行動をしたり、ケガをしている割りには活発な日々を過ごしていました。もちろん痛いのですが、痛いのは私にとって苦痛でありますが、同時に歓喜な感覚だったりします。ううむ、決して私はマゾではないのですが、我ながら誤解されそうな発言だな。

 当然ですが、たいして良くならない(涙)。動作ごとの悲鳴はあげなくなりましたが、たまに息が止まります、汗が吹き出します、目がくらみます。

 「ぎっくり腰は通常、三日程度で痛みが良くなるけど、すとんさんはヒドそうだから五日分の痛み止め」という救急車で運ばれた時に診てくださった先生の言葉を信用して、五日分の薬を飲み、その後は連休に突入したこともあり、しばらく様子を見ていましたが、やっぱり痛いし、回復のスピードは遅いんじゃなかろうかと不安になり、休みが明けると早々、病院へ行きました。

 5時間待ちの3分診療でした(涙)、総合病院は何であれ、スゴいね。単行本を二冊読み切ってしまったゼ。やっぱ、読書は病院に限るね。

 で、その診察の中身なんだけれど、私の主訴は次のとおり。…救急車で運ばれた時は、あまりに痛すぎて分からなかったけれど、落ち着いて自分の身体を観察すると、痛いのは左の腰だけでなく、左の股関節と左膝も痛みます。左腿にも吊るような感じがあります。痛みは激痛というのは無くなりましたが、普通にとても痛いです。身体をひねると腰が、立ったり座ったりすると股関節が、寝ころんでいると左膝が痛みます…

 お医者さん~当然だけれど、救急車の時とは別の、私と同年配の先生~は、さっそく私の身体をアッチコッチ押して痛みの確認をし、前回撮影したレントゲン写真もよく見て、分かりやすく説明してくれました。…ケガをしているのは左腰だけ。股関節や膝には故障はないようです。おそらく腰の痛みを股関節や膝でも感じているのでしょう。ぎっくり腰ですが、かなりの重傷のようですね。少しずつ良くなっているようですから、しばらく(三週間)は投薬で様子を見ましょう。それでも症状が改善されない場合は、手術を前提として、色々と検査を始めることにしましょう…

 手術ですか? ぎっくり腰で手術ですか? と思わず尋ねたところ、先生は次のようなことをおっしゃいました。…本来、ぎっくり腰の治療に手術は要らないのですが、あまりに痛みが続く場合は、別の病気の可能性もあります。それならぱそれで治療をしないといけません。また、単なる腰痛の場合であっても、働き盛りの人が腰に痛みを抱えたままでは、普段通りの仕事はなかなかできません。そういう時はサクッと手術をして、さっさと痛みを取ってしまうこともあります。通常のぎっくり腰は数日で良くなるのですが、ケガの程度や休養具合などから数週間、ひどい人は数年、痛みが続くことがあります。腰の病気は、本来は数週間から数カ月、ゴロゴロしていれば治るのですが、なかなか働き盛りの人はそういう時間が取れませんから、どうしても痛みが長引くことが多くてねえ。症状によってはやむを得ないことです…

 その瞬間、私は決意しました。「この正月は積極的にゴロゴロ過ごす!」

 それにしても、通常、数日程度で完治する病気なのに、もう十日も酷い状態だよ。わあ~、ワシって、すっごい重傷患者だったんじゃない? 神経ブロックもしたし…。自分の身体のことながら、あまり軽く考えない方がよさそうだな…。ひとまず、治療に専念だな。

 なにしろ、とにかく、この冬休みの間に腰を治さねば…。三学期が始まると、餅つきとスケート教室が待っている。腰が壊れたまま、モチをついたり、スケートしたりなんか、想像できないもんなあ…、くわばらくわばら。

 三週間分の痛み止め(錠剤&座薬)と炎症止めをお土産にいただきました。この薬が無くなる前に痛みが治まってくれれは、OKなんだよね、ふう~。

« 記事削除の依頼があったため、削除しました | トップページ | ピアノ教室を見学して思うこと その9 最初からしっかりした先生に付いた方いいですよって言われます »

その他」カテゴリの記事

コメント

私も高校に勤務していた時、ひどい風邪をひきながらスケート教室に行った思い出が・・・。
生徒は2泊3日でしたが、12クラスを3回に分けて行ったので教員は10日間八ヶ岳!
おまけにスケートできないし、超悲惨でした!
どうかお大事に・・・。

>Ceciliaさん
風邪引きなのに10日間も八ヶ岳…。それは御愁傷様でした。
そうそう、ご心配ありがとうございます。今日の私は、久しぶりに箱根に湯治にゆきました。温泉に浸かってゴロゴロ、また入湯してゴロゴロ、また…のくり返しでした。温泉は腰に良いですね。今日一日でだいぶ痛みも和らいだ気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17484940

この記事へのトラックバック一覧です: 病院へ行きました:

« 記事削除の依頼があったため、削除しました | トップページ | ピアノ教室を見学して思うこと その9 最初からしっかりした先生に付いた方いいですよって言われます »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん