ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 停滞期は脱出したようです[11月第5週・通算13週] | トップページ | ヤマハとベーゼンドルファー »

2007年12月 2日 (日)

早とちりでした…面目無い

 先週書きましたウナは、少しだけですが、元気になって、今は水槽の下の方にいます。ご心配かけました。

 でも、いい機会だったので(って、どういう機会?)、隣町の熱帯魚屋にドジョウを買いに行きました。緋ドジョウを2匹に縞ドジョウを3匹です。

 緋ドジョウは大2匹小2匹の計4匹になって元気に暮らしています。縞ドジョウは大1匹、小2匹の計3匹になって元気に暮らしています…って、数合わないじゃん。元々1匹いたところに、新しく3匹購入したのに、計3匹ってどうゆうこと?

 1+3=3?

 おかしいじゃん、どうみても…。私は探しましたよ、水槽の中を隈なく…でも、見つかりませんでした。

 「ああ、どこへ行っただろ、小さな縞ドジョウ…」

 ぼおーっと水槽を眺めていました。サクラ(桜琉金、我が家で一番デカイ金魚。大人の拳ほどの大きさです)が水槽の砂利についた苔でも食べるのでしょう、砂利を口に入れては出し、入れては出しをしています。そのそばに小さな縞ドジョウたちが静かに休んでいます。砂利を出し入れするサクラの口と縞ドジョウの頭の大きさを比べると…余裕でサクラの口の方がでかい!

 オーマイガッ~ト! さては、縞ドジョウの踊り食いをしたな>サクラ。

 もう、油断も隙もありゃしない、お友達を食べてはいけないと、あれほど言ってあるのに…。ああ、ああ、ああ。

 と、ここまで書いて、水槽を見れば、こっちからよく見える水底に小さな縞ドジョウが3匹、小首をかしげて、こっちを見ていました。あれ? さっきまで必死に探した時には見当たらなかったのに、どうして今いるの? ね、なんで?

 その答えは、彼らのすぐそばにありました。彼らのすぐそばの水底に、ニョキっと何かが生えてます。よく見ると、少し大きな以前からいる縞ドジョウが水皆から顔を出していました。…そうだった! ドジョウって、地面に潜るんだった!!

 食用ドジョウは確かによく地面に潜って隠れていました。しかし最近は年をとったのか、すっかり地面に潜らなくなりました。緋ドジョウや縞ドジョウたちは、さすがにペットショップで販売されているだけあって、ほとんど地面に潜らずに、いつもその姿を見せてくれるので、すっかり忘れていました。

 ドジョウって、地面に潜って、くつろぐんだよ。そういう、わけの分からない生き物なんだよ、こいつらは…。探した時は、きっと地面に潜って、くつろいでいたんだな…、ふう。

 結局、私の早とちりのようでした、面目無い(反省)

« 停滞期は脱出したようです[11月第5週・通算13週] | トップページ | ヤマハとベーゼンドルファー »

金魚」カテゴリの記事

コメント

グロリア少年合唱団のミニコンサート見ました。すごいローカルな話題ではじまり感激しました。こちらにも金沢少年合唱団があってたくさんのOBがいるのですが、今は残念ながらなくなりました。

>tak16さん
すっごいローカルも何も、鎌倉市のケーブルテレビでやっている、地元の話題(ニュースですらない)を紹介するという番組で取り上げてくれました。目がくらむほどローカルでしょ。こんなのをインターネット配信して、どーするのよ、と思いますが、それをやっちゃうところか感動的でしょ。いやいや。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17241051

この記事へのトラックバック一覧です: 早とちりでした…面目無い:

« 停滞期は脱出したようです[11月第5週・通算13週] | トップページ | ヤマハとベーゼンドルファー »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん