お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 宴会があったにも関わらず…[11月第4週・通算12週]  | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

2007年11月25日 (日)

ウナがちょっと心配

 ウナとは、ウチで一番長く暮らしている(5~6年くらいでしょうか)、普通の食用ドジョウです。この子が11月の中旬あたりから、いつも水面近くにいるようになりました。頭を上にした状態で縦になっていたり、水面直下で(ちゃんと腹は下だけど)横になっていたりと、およそドジョウとは思えない態勢で暮らしています。この子は別名「チキン」というほど、以前は物陰や地面の中に隠れて、人間様に姿を見せないことをモットーに暮らしていた子だったのに、今や姿は晒しまくりです。

 ドジョウは浮力を持たない魚なのだそうで、ウナの今の状態はあきらかに異常。とても心配です。ドジョウの寿命は私には分かりません、そろそろなのかなあ…。

 で、浮いているウナのそばに、いつもセボネマガリや緋ドジョウたちが交替で一緒にいます。別にその子たちは具合が悪いわけではないのでしょうが、ウナの看病なのでしょうか、ウナ一匹にしないようにしているみたいです。

 ドジョウって愛情深い生き物なんですよね。仲間が死ぬと残ったメンバーが暴れたり、水槽から飛び出して自殺する事もあるほどです。きっとウナは相当マズい状態なんだろうと思います。

 でも、この心配の輪の中に縞ドジョウは入りません。同じドジョウのはずなんですが、仲間ではないのでしょうか? ちなみに縞ドジョウ、以前2匹とここで書きましたが、この前数えたら、1匹になってました。アレ? もう1匹はどこに行ったの?

« 宴会があったにも関わらず…[11月第4週・通算12週]  | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウナがちょっと心配:

« 宴会があったにも関わらず…[11月第4週・通算12週]  | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

フォト
無料ブログはココログ