ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 温泉に行こう | トップページ | すごい歌声を見つけてしまいました »

2007年11月15日 (木)

ダメ出し上等!

 いつの頃からか、私は「指定のない限り、長い音符は常にクレシェンド」で歌うという癖が付きました。

 たぶんこれは、以前声楽を習っていた時に「勝手に歌うのを止めないで」とか「音符はきちんと指定された長さで歌いなさい」とか「声がドンドン小さくなる~」とか、そんな注意を何度も何度も嫌になるくらい受けた結果の自衛策として、自然と身に備わった悪い習慣(つまり悪癖)だろうと思います。

 普通なら減衰するはずの長い音が、聞いていてドンドン強くなるってのは、なんかいいでしょ。あれあれあれ~、って感じが私好きなんです。この人、どこまで息が続くの~って思われるがカッコいいでしょ。

 キング先生のレッスンでは、曲の仕上げになると、[グループレッスンなので]一人ずつ教室の前に出てミニミニコンサートをやります。そこで一人ずつ歌を披露するのですが、前回のミニミニコンサート(「Santa Lucia」の時です。もう1カ月以上前の話になります)の時にレッスン仲間のキレイどころの方々に「それ、変だよ」って言われました。

 変なんだ…カッコいいわけじゃなく、変なんだ、ううむ…むぅ。

 自分の変な癖に気づいたら(or気づかされたら)すぐに改める。これ肝心。確かに、長い音符を指定もないのに、明らかなクレシェンドで歌ったら不自然だし(今なら分かるけど)それって外山浩爾さんが言ってた「途中から声を押しちゃダメ」に通じるモノがあるね。

 歌の練習って、自分じゃ客観的に聞いて評価できないところがあります。自分じゃ「良し」と思ってやっていたことが、実は「最大の欠陥」だったりすることだって、往々にあるわけで、そこが歌の怖いところだと常々思っていますし、独学者の陥る最大の罠だと思います。そんなわけで、先生が必要なのだけれど、先生以外の人の目も案外重要だなあって思います。

 そう言えば、歌の上達って、自分のダメなところに気づき、改め、削ぎ落とし、捨て去ることなのだと、キング先生がおっしゃっていました。

 何か良いものをプラスするのではなく、何か悪いところをマイナスにするのが、歌の練習で、悪いところがなくなると、そこに本来の自分が残る。それが声の完成なんだそうな。

 ダメ出し上等! これくらいの気持ちでレッスンに臨んでいこう!

 まだまだたくさんマイナスにするところが有りそうな私でした。

« 温泉に行こう | トップページ | すごい歌声を見つけてしまいました »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

リコーダーでもそうなのですが、途中から声を押すことでピッチが変わることが多かった私です。

>歌の上達って、自分のダメなところに気づき、改め、削ぎ落とし、捨て去ること

この前の講座で実感しました。
更に他の人の弱点もはたで聴いていると、勉強になることが多く、自分ができていないことを人前でさらすのは恥ずかしい・・・と言う思いはありましたが、それも人のためになっているかも・・・と思うと、欠点をさらすのも楽しくなってきました。
グループレッスンもいいですね~。

>Ceciliaさん

>リコーダーでもそうなのですが、途中から声を押すことでピッチが変わることが多かった私です。

ヒント、ありがとうございます。実はウチの息子君はリコーダーが苦手でして、何度吹いても、ピッチが安定せず、音痴なリコーダーを吹いてます。この前もあんまりピッチが安定しないので、泣きを入れながら練習してましたっけ。そう言えばアイツ、そーっと音を探りながらフリーダーを吹くんですよね。音程が安定しないので、恐る恐る吹いているんだけれど、それが逆効果だったわけだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17069915

この記事へのトラックバック一覧です: ダメ出し上等!:

« 温泉に行こう | トップページ | すごい歌声を見つけてしまいました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん