ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ドジョウ、死のダイブ | トップページ | 外山浩爾さんの講評から »

2007年11月 5日 (月)

ピアノ発表会を見学して思うこと その4 連弾ってやっぱり大切だよね

 ピアノ発表会を見学していて、教室ごとに違うのが『連弾』の扱いでしょうか? 連弾の扱いには以下の3パターンあると思います。

 1)全員、自分のソロ以外に必ず1曲ずつ連弾をやる。
 2)ソロまたは連弾のどちらか1曲で発表会に出演する。
 3)まだ一人では弾けない幼児は連弾で親(または姉)と一緒にステージを勤めるが、小学生以上はソロ。

 ほとんどの発表会は、3)のパターンかな。でも、少数とは言え、1)もいくつかありました。2)は一つの教室だけだったと思う。

 私は聞いていて、1)のパターンの教室にが一番好感持てました。1)のパターンだと、全員、ソロと連弾の2曲練習しなければいけないし、発表の時間も倍近くかかってしまい、何かと大変だろうけれど、連弾、つまり他人と息を合わせて演奏する経験って大切だと思うのです。

 ピアノって、いわゆる『完全楽器』でしょう。ほっとくと音楽的に自己完結しちゃうわけで、それなのにソロばかり練習するのって、どうなんでしょう。

 理想で言えば、ピアノソロの他に、室内楽や協奏曲、歌曲の伴奏などの練習ができればよいのでしょうが、それでは町のピアノ教室の範疇を越えますので、ピアノ連弾ってところで落ち着くのだと思います。

 連弾の練習をたくさんやっている、リトルピアニストさんたちは、きっと他人と息を合わせて音楽をすること、アンサンブルが楽しくなるはずです。そしてそれは、その子たちの人生を豊かにしてくれるはずです。

« ドジョウ、死のダイブ | トップページ | 外山浩爾さんの講評から »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして☆
湘南のはずれSAMUKAWAで教室してます。
連弾 あんさんぶる 音を重ねること大好き・・・・
夫婦でリコーダー&ピアノ演奏しています。。

連弾から友達作り・・・人の輪が広がります・・・

連弾大好きままっち先生で~す。

実は私も1)は理想なんですよ。人数とか時間的なものとかいろいろ制約がある場合もあるんですが。教室の勉強会というちっちゃなイベントをやってるんですが、「連弾オンリープログラム」をやってみたい…。
私の場合はアンサンブルをよく発表会では取り入れてましたね。いわゆるあわせものって、練習が大変なので、レッスンでなかなか取り入れられないんですよ。連弾の教材とか、私の思い出エピソードなんかは私のブログのネタでもあるため、そっちでいずれ書きたいなと思ってるんですが…。

>かおるさん、はじめまして

近くにお住まいですね。御夫婦でアンサンブルとはうらやましい限りです。ウチは…カラオケくらいかな? まだ妻の歌のレベルに私が達していないので、重唱はナシです。そのうち、息子君のピアノを伴奏に夫婦で重唱ができたらいいなあと夢見てます。

今後ともよろしくお願いします。

>ことなりままっちさん

あ、そうか。連弾だと練習が大変だ。そうか、そうか。ソロならいつもの練習の時間で面倒が見れるけれど、連弾となると、生徒さんたちと先生の3人のスケジュールを合わせなければならないものね。

連弾をプログラムに入れているところって、本当はガンバっているんだ。門外漢だから気がつきませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16972246

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ発表会を見学して思うこと その4 連弾ってやっぱり大切だよね:

« ドジョウ、死のダイブ | トップページ | 外山浩爾さんの講評から »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん