ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 音域について | トップページ | ただいま失敗街道爆走中[11月第2週・通算10週] »

2007年11月 9日 (金)

池田理代子の本 「47歳の音大生日記」

 何気なく図書館の棚を見ていて、題名に惹かれて読んでみておもしろかったのがコレ。47歳ってところがツボでした。

 作者は池田理代子。そう、ベルバラの作者ですね。

 漫画家として成功した後、これから何をしようと思った時に、若い時の「声楽家になる」という夢をもう一度追いかけてみようと思ったのだそうです。

 この人のすごいところは、思っただけでなく、それをエネルギッシュに実行してしまったところ。成功する人はやはりどこか常人とは違うものです。実際、音大卒業後にCDデビューもしているそうですし…。

 あの頃、「池田理代子引退!」なんて噂が飛び回ってました(この噂はガセですね)が、仕事を減らして、世間への露出を減らし、音大に行ってたとは、おもしろい人生ですね。

 本の内容そのものは、月刊誌での連載をまとめたものらしく、時系列に音大入学から卒業までのことが書かれています。在学中にご結婚もされています。

 励まされます。とにかく、励まされます。

 もちろん我彼の才能の差や社会的立場の違いなどもあり、決して同一視はできないのですが、初老になってから自分を変えてゆく、そのスリリングな体験を(スケールの違いはあれど)共有する仲間として読みました。

 前向きに生きていく、オジサンオバサンたちの励みになる本です。私も「さあ、がんばるぞ」って気持ちになれました。いい本です。

 ちなみに本業の方の代表作「ベルサイユのバラ」は読んだことがないという方はいないと思いますが、一応リンクしておきます。読んでなければ、現代日本人として、ちょっとマズいと思いますので、このチャンスにどうぞ。

« 音域について | トップページ | ただいま失敗街道爆走中[11月第2週・通算10週] »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました。
記事に載せたセブンアンドワイのリンクから池田さんの声が試聴できます。(同じアントワネットの歌を次の記事以降で唐沢まゆこさんとドミニク・ヴィスと比較できます。)
歌声を聴いてますます勇気付けられました。

うふふ、この本持ってますよぉ。
感想を書こうと思ってまだ書けずにいるんですが、本自体は結構前に購入してます。感想を書いたらTBしてみますね。

池田さんのパワーってすごいな、と思います。ちなみに私、大学時代に友達の持ってる「オルフェウスの窓」を回し読みしててすご~くはまってました。(確か音楽学校の話だったはず)

>Ceciliaさん

TBをたどって池田さんの歌声を聴きました。え、これって、趣味のレベルじゃないよ、ガチンコの声じゃん…って、思いました。すごいなあ、やればできるんだなあ、初老でも。

私もますます勇気づけられました。

>ことなりままっちさん

実は「オルフェウスの窓」は以前にも妻に薦められましたが、実はまだ読んだ事ありません。一応、これでも私は男の子なので、最低限の少女マンガ(例えば「ガラスの仮面」とか「風と木の詩」とか「キャンディ・キャンディ」とか)をクリアしたにすぎません。ひとまず、日本人としての最低ラインはクリアしたつもりです。

オルフェウスは現物さえあれば読んでみたいのですが…。文庫になっているんだから、買うか。

あ、部屋の本棚に「いつもポケットにショパン」が並んでる…読んだことないけど。さっそく読むか。

このブログを読み、ちょうど昨日書店の人が職場に来たので注文しました。前から知っていましたがちょっと背中を押されました。

>tak16さん

私の記事がきっかけで、池田さんのご本を購入されたとのこと。記事を書いた者として、うれしくて、なんか背中がこそばゆくなる感じがします。

今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/17015353

この記事へのトラックバック一覧です: 池田理代子の本 「47歳の音大生日記」:

» 「ヴェルサイユの調べ」(池田理代子) [Ceciliaの部屋]
昨日はセブンアンドワイで検索しまくりました。 そしてこれも試聴できることがわかりました! 池田理代子さんのヴェルサイユの調べ!!(←文字の上をクリック!) ヴェルサイユの調べ~マリー・アントワネットが書いた12の歌 アーティスト: 池田理代子, 蒲谷昌子, アントワネット 出版社/メーカー: キングインターナショナル 発売日: 2005/11/02 メディア: CD これまでも何度か、「聴いてみたいCD」として取り上げてきました。 池田理代子さんの歌を聴いたことがないので、実力がわか... [続きを読む]

« 音域について | トップページ | ただいま失敗街道爆走中[11月第2週・通算10週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん