お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« NHK全国学校音楽コンクール[高等学校の部]を(テレビで、それも録画して)見ました | トップページ | 少年の声、少女の声 »

2007年10月16日 (火)

声変わり!?

 日々、チェンジを乗り越えようと悪戦苦闘しております。レ(一点ニ音)~ソ(一点ト音)くらいが鬼門かな? ここらで、音色が変わろうとするので、それを力で押さえ込み(汗)ながらなんとか声出しをしている最中です。

 これが結構、大変なんだな。最近、低いミ(ほ音)が楽に出ちゃったりするので、いっそテノールやめてバスになってしまおうかな…と弱気になったりすることもあります。

 いいよなあ、バリトンとかバスとかソプラノとかのチェンジの無い声種は!

 ごめんなさい、全くのやつあたりですな…。チェンジ克服に向けてがんばってゆきます。

 とにかくチェンジ克服の練習では音色を変えないことが大事。これのみに一点集中で練習しております。音色を変えないようにしていると、声に張りがなくなります。息が混じる感じが強くなります。音量が減ります。なにより発声に爽快感がなくなります。

 この感じはいつか来た道だなあ…と思っていたら、そうそう、思い当たりました。この感じはまさに「変声期」の感じ。あの頃も、声に張りがなくなりヤだったな。息が混じる感じがしてヤだったな。大きな声が出なくなってヤだったな。自分の声がなんか気持ち悪くてヤだったな。まさに同じ。

 あの頃は、ちょっとしゃべっても喉がいつもヒリヒリする感じだったけど、今はそこまで極端ではないけれど、 一時治まっていた頭の中の痛みも復活してきたし、なんか通じるような不快感はあるなあ。

 今更の「声変わり」ですな、これは。

 今度の声変わりはどれくらいかかるのかな? 私はリアルな声変わりは結構時間がかかった方だから、ちょっと不安。中1のゴールデンウィークあたりから始まって、声が落ち着いたのは大学2年の時だったからなあ。ずいぶんと長い間、声が不安定だった。まあ、もっともその頃まで、声の変化だけでなく、背丈も伸び続けていたから仕方がなかったのだろうけれど。

 今は背丈は伸びていないので、もう少し早めに声が安定するだろうけれどサ。なんであれ、どうであれ、早くチェンジを乗り越えた声になりたいものです。

« NHK全国学校音楽コンクール[高等学校の部]を(テレビで、それも録画して)見ました | トップページ | 少年の声、少女の声 »

コメント

はじめてお邪魔します♪

すとんさーん!
ソプラノでもチェンジありますよ。
わたしなんて2箇所もあります(涙)

そして発声が確立されてくると声変わりのように声がかわりますよね(しみじみ)
わたしも現在変声期!って言ってます(笑)

これからもときどきお邪魔いたします!

>みるてさん、いらっしゃいませ。
 ソプラノでもチェンジが…それも2箇所も。と言うことは、みるてさん、3オクターブ以上の音域をお持ちと見た、どう?
 まあ、チェンジの箇所は確かに人それぞれですね。私も実は2箇所あります。特に厳しいのが、高い方のチェンジ。記事では「レ(一点ニ音)~ソ(一点ト音)くらい」と書きましたが、現在では「ファ♯~ラ♭」あたりであることが判明。これって他の人よりも若干高音よりです。なので、ちょっと困ってます。だって、テノールとして一番おいしい所がチェンジなんですもの。ま、だからこそ、乗り越えがいがあるというものです。
 お互い、がんばってゆきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声変わり!?:

« NHK全国学校音楽コンクール[高等学校の部]を(テレビで、それも録画して)見ました | トップページ | 少年の声、少女の声 »

フォト
無料ブログはココログ