ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ジーリとイタリア古典歌曲 その3 フルヴェングラーの第九 | トップページ | 「お腹がすいた…」は Good Sign !?[10月第2週・通算6週] »

2007年10月12日 (金)

衰えを感じる日々

 なんかもう悲しくなってしまうのであります。

 最近、学生時代に使ったコールユーブンゲンを引っ張り出して、自宅練習で使ってます。

 「ドレミ~」って楽譜に書いてあると「ドレミ~」って歌いたいものです。でも、大抵「ドれミ~」とか「ドれみ~」とか「ドレみ~」とか、下手をすると「どれみ~」だったりするわけです。なんかもうヤになります。え、カタカナとひらがなが混じっているだけですって? まあ、これは微妙に違うってことの表現だと思ってください。

 自分では「ド」を出したいと思っていても、体から出てくる音はなぜかちょびっと違う「ど」。あれ?って思って修正かけても、「ど」が「デオ」とか「ドゥオ」に変わるくらいで「ド」には、きちんと直らない。なんかもう、初心者のマウスみたいな感じで、マウスポインタをあそこのアイコンの上に置きたいのに、うまく矢印が動いてくれないよお~っ感じ?

 さらに悲しいことには、その「ドレミ~」を歌おうとして「どれみ~」になってしまっている時、あれ? まずい?? って感じで察しがついても、どうにも直せないこと。いやむしろ「ド」を「ド」とイメージしているにも関わらず「ど」が出てしまう悲しさ。頭じゃ分かっているのに、体が言う事聞いてくれない~(涙)…。これが老化というものなのでしょうか?

 ああ、頭でイメージする音を、イメージどおりきちんと発声したい…。

 いっそ、練習課題の曲の最初と最後が半音くらい違うなら、すっぱり諦められるのに、そこまでは違ってないというのも、なんかもう、切なくて愛おしくて狂おしい感じで、イヤンイヤンって身をよじりたくなります。

 コールユーブンゲンは残酷。若い時はそれなりにできたはずなのに、中年の今では全く話にならない事を直視させてくれる。伴奏という介護者がいなければ、一人で歩く事、いや歌う事もまともにできないという事実は、私の人生が下り坂になっている事を思い知らされるのです。それでも「これからの人生の中で、今日が一番若い日」という言葉を心の支えに頑張ってゆくしかないのであります>自分。

 はあ…。

« ジーリとイタリア古典歌曲 その3 フルヴェングラーの第九 | トップページ | 「お腹がすいた…」は Good Sign !?[10月第2週・通算6週] »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

小学校の先生なのでコールユーブンゲンは必修なのですね?
私これCDまで買いましたが、買った当時はあまりやりませんでしたねえ。(そもそもレッスンでは私がお願いするまでやることはなかったですし。)
後に音楽専門学校でやった時がありますが、初見視唱の一環みたいな感じで歌ったのはきつかった!
普通の曲になかなか出てこないような音程のものを歌った時は喉がどうにかなりそうでした。(練習すればこっちのものでしたが。)
歌は40代からだと思って頑張りましょう!

ご推察のとおり、コールユーブンゲンとバイエルは小学校教員免許取得のためには必修と言ってもいいと思います。私も当時はかなり一生懸命やりました。歌もなんとか歌えたと思うし、ピアノだって簡単な伴奏譜くらいならどうにかしたものです。
それが卒業後、高校教師として15年も国語だけを教えていたら、すっかり音楽の実技の腕前は蒸発してしまいました。あ、音楽に限らず体育も図工も家庭科も実技系の腕前はほぼ死滅してしまいました。
そんなわけで、今は小学校教員なのですが、パソコン以外の実技系の授業はほぼすべてパスさせてもらってます。へへへ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16731172

この記事へのトラックバック一覧です: 衰えを感じる日々:

« ジーリとイタリア古典歌曲 その3 フルヴェングラーの第九 | トップページ | 「お腹がすいた…」は Good Sign !?[10月第2週・通算6週] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん