ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 記事削除の依頼があったため、削除しました | トップページ | チェンジを乗り越えろ! »

2007年10月 3日 (水)

ジーリとイタリア古典歌曲 その2 時代が求めるもの

 今日の話は、もっぱら私感で、学術的根拠は皆無であることを最初に宣言しておきます。

 ジーリは1920年代から1940年代にかけて活躍した偉大なテノール歌手です。世代的には、カルーソーとデル・モナコの間の時代の人と言えます。

 ジーリの時代のクラシック音楽界というのは、彼自身もそうだけど、まだまだロマンチックな19世紀生まれの人たちが頑張っていた時代です。分かりやすく指揮者で言えば、ワルター、フルトヴェングラー、トスカニーニ、クナッパーツブッシュ、クレンペラーなど、現在の基準に照らし合わせてみれば、良く言えば個性的な、悪く言えば恣意的な演奏家が活躍していた時代であります。

 そしてまた、甘く切なく浮世離れした演奏がもてはやされていた時代でもあります。無論、ジーリもその例から漏れず、実に甘くロマンチックな歌唱をする歌手なのです。

 対してイタリア古典歌曲と言われる一群の歌曲は、そのオリジナルはバロック時代の物とは言え、現在我々が知っているものは、バロックそのままの姿ではありません。バロックと現代では楽譜の形式も違えば演奏の習慣も違うので、当時のままの楽譜では演奏困難だったのです。その演奏困難な曲々を、パリゾッティという作曲家が20世紀風に編曲し、演奏可能なものにしたものが、現在のイタリア古典歌曲であり、その最初の出版は1914年にリコルディ社から行われたそうです。ちなみに近代イタリア歌曲の代表的作家であるトスティの歌曲は1880年前後、イタリア古典歌曲の約30年ほど前に数多く発表されています。

 つまり、ジーリから見れば、イタリア古典歌曲は、古典ではなく、古典に題材を求めた同時代の曲であり、トスティの一連の歌曲と大きく違わないどころか、それよりももっと現代的なレパートリーの一つ、と言えなくもないのです。

 そんな出版事情を抱えた曲を、そんな時代背景の中、そんな気質の歌手が歌えば…当然、砂糖に練乳をかけたような甘くロマンチックなものとなるのも、当然とも言えます。そして、それは、その時代が求めていた演奏とも言えます。

 ところが現代のクラシック音楽界では、そのようなロマンチックな演奏は否定される風潮があり、作曲家が作曲した意図に沿った演奏、作曲家が活躍した時代様式に則した演奏、これらがもてはやされるようになりました。ま、一種の原典回帰と言えるかもしれない。この原点回帰っぽいのが、言わば、現代が求めている演奏と言えます。

 たとえ20世紀風にアレンジされているとは言え、イタリア古典歌曲の元はバロック音楽。1600年代から1700年代半ばまでの音楽様式に近い形で演奏されるのが望ましく、それが現代という時代が求めている演奏と言えます。

 それゆえ、ジーリの歌うイタリア古典歌曲は、彼の生きた時代が求めているものであるが、現代の私たちには受け入れがたいものとならざるをえなかったわけです。

 初めてイタリア古典歌曲を聞く人にジーリの演奏を薦められるかと言うと、答えは否となるのは、そんなわけだと私は思います。

 もう少し、話を続けたいと思います。

 閑話休題。これだけジーリのイタリア古典歌曲の話をすると、それを聞いてみたくなるのが人の常でしょうか、現在ジーリのイタリア古典歌曲を1枚にまとめたCDは廃盤のようです。しかしその大半はナクソスから出ているこれら2枚のCDに納められているので、これら2枚のCDを購入して聞くのが良いでしょう。ただし、ナクソスのCDは音質に多くの修正を加えない方針のようなので、決して聞きやすい録音とは言えないのが欠点です。iTUNEにも同じアルバムがアップされていて、そちらは試聴ができるので、まずはそちらを聞いてみて購入を検討すると良いでしょう。現物がなくても平気と言う人はそのままiTUNEで購入するのもよいでしょうし。

« 記事削除の依頼があったため、削除しました | トップページ | チェンジを乗り越えろ! »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

私はNAXOS MUSIC LIBRARYで聴いているのでジーリのいろいろな録音が聴けるのですが・・・たぶん廃盤になっているものも聴けるはずです。
ちなみに私が聴いたうちの一つはこちらの記事で載せました。
http://blog.so-net.ne.jp/santa-cecilia/2007-08-06
ぽちっとできないようなので、できたらトラックバックさせていただきますね。(うまくいくかわからない。)

>ぽちっとできないようなので、できたらトラックバックさせていただきますね。(うまくいくかわからない。)

 ぽちっとはできないようですね(ダメじゃん>ココログ)。トラックバックバック、ありがとうございました。
 ちなみに私のiPodの中は、イタリア古典歌曲としてまとまっているアルバムは、ジーリの他に、カレーラスとシュライヤーとベルゴンツィが入ってます。趣味丸出しのテノールばかりですな…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16640581

この記事へのトラックバック一覧です: ジーリとイタリア古典歌曲 その2 時代が求めるもの:

» Beniamino Gigliのイタリア古典歌曲 [Ceciliaの部屋]
London Recordings 1947 アーティスト: Gigli 出版社/メーカー: Naxos Historical 発売日: 2006/05/01 メディア: CD 歌友unaさん、鮭さんのところでイタリア古典の話題が出ていたので、NAXOS MUSIC LIBRARYで探してみました。(もちろんこんな古い録音ではなく、できれば最近の、しかもソプラノが歌っているものを求めて・・・。) こちらで試聴できます。 しかしカッチーニやモンテヴェルディは充実しているのになかなかない... [続きを読む]

« 記事削除の依頼があったため、削除しました | トップページ | チェンジを乗り越えろ! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん