ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 五匹はプリキュア | トップページ | ピアノ発表会を見学して思うこと その2 なんで宣伝しないの? »

2007年10月22日 (月)

エリヤを聴いてきました

 感謝・感激・感動!って感じです。

 昨日、こちらでご紹介したエリヤを聴いてきました。

 本当は、息子君は爺様とご一緒のはずで、私は気楽にフラフラと一人で行くはずだったのですが、急遽爺様の都合がつかなくなり、やむなく息子君と二人で横浜のみなとみらいホールに行ってきました。

 席はかなり前の方の上手側で、チェロが真正面の場所でした。諸岡さんは今日は正面を向いて演奏なさっていたので、出入りの時にチラッとしか見れなかったのですが、今日のチェロの胸当てはピンクの縁取りのベイビーエプロンだったような違ったような…。ちょっと自信がないです。ちょこっとだけチェロソロもあり、なんか得したような気分になりました。

 さて、全体の演奏の方なんですが…、もうオーケストラ爆発って感じ? それで声楽陣たちも負けずと頑張っており、迫力満点の演奏でした。

 特筆すべきは、特別出演のマルベリー・クワイアの皆々様。ありゃなんですか? 上手い合唱団とは聞いていましたが、これほどまでとは…。人数はたった13名しかいないのに、あのボリュームと清澄感。さらに目をつぶると(三部合唱なので)三人で歌っているとしか思えないほどのパート内シンクロ度の高さ。なんか、人というよりもサイボーグが歌っているのではないかと思えるほどです。あ、これ、誉めているつもりです。ちなみに、マルベリーさんたちの役は天使様でした。

 一方、メインの合唱の湘南フィルハーモニーの方はと言うと、民衆の役で、ずばり「合唱」でした。150もの老若男女の様々な声があって、マッシブな歌声は、マルベリーとはまた違った感じでよかったです。

 マルベリーにしても、湘南フィルにしても、アマチュア合唱団、いわゆる「町の合唱団」なのですが、アマチュアがこんなに素晴らしい演奏をして良いのでしょうか? 趣味の領域を完全に踏み越えているような気がします。

 ソリストの方々は、みなさん(当たり前ですが)素晴らしかったです。特に主役のエリヤ役の福島さんの声が重々しくホール全体に広がっていく感じは…いいですなあ…。至福、至福。

 最近自覚したのですが、私はどうやらテノールフェチのようで、どんな演奏会に行っても、テノールに注目してしまう悲しいサガのようなのです。で、本日のテノールの青柳素晴さん、よかったなあ。張りのある(声が)太めのテノールさんでした。こういう宗教曲の場合、テノールは声の細い方がやる事が多いのですが、太い声のテノールもなかなかいいです。

 もちろん、事前にCDで予習してから行ったのですが、CDでは分からなかったのが、オルガンの迫力。エリヤの中で、パイプオルガンが実に効果的に使われてて、それが演奏全体に力強さを与えていました。オルガンによる空気の振動はCDでは再現できないもんなあ。

 高価だと最近知った、電光掲示板もしっかり2基設置してあり、それを見ながら演奏を聴けたので、ストーリーと音楽とが私の中で同時にインプットされ、それが感動をさらに深めてくれました。やっぱり、ストーリーものは電光掲示板が必須ですね、多少高価であっても…。

 我が妻はと言うと、なんか生真面目な顔して歌っておりました。ウチで見るよりもカワイイかもしんない。ちょっと惚れ直しました。

 さあ、今週もがんばるぞ!

 蛇足。コンサート会場で、息子君は色々な人々と挨拶を交わしていました。聞けば「ボクの合唱団の人だよ」とのこと。??? とにかく、オヤジよりも、音楽業界では、顔が広いようです。

« 五匹はプリキュア | トップページ | ピアノ発表会を見学して思うこと その2 なんで宣伝しないの? »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16832781

この記事へのトラックバック一覧です: エリヤを聴いてきました:

« 五匹はプリキュア | トップページ | ピアノ発表会を見学して思うこと その2 なんで宣伝しないの? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん