ひとこと

  •  毎年の話だけれど、どうして成人式となると、ごくごく一部だけれど、イキってしまって暴れてしまうオノコが出てしまうのだろうか? たぶん、あれがカッコいいと思っているのだろうけれど、暴れるオノコは極めて少数で誤差の範囲程度しか存在しないんだよね。もしかすると、マスコミがいちいち暴れるオノコたちを報道するから、それに乗じて暴れているんじゃないかと、オッサンは勘ぐってます。マスコミが暴れるオノコたちを無視すると、案外数年で収まるんじゃないかと思っていたりします。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アオイ(葵)さんは三色金魚です | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

2007年10月 8日 (月)

菊池慈生さんはなかなかの美声なテノールです

 昨日は地元の市民文化祭の催し物を見に行きました。クラシックヴォーカルコンサートという奴で、毎年、地元のプロの声楽家さんたちが無料リサイタルを開いてくれるのです。気にはなっていたものの、いつもは仕事との調整がうまくいかず見に行けなかったのですが、今年は上手い具合に暇ができたので、妻と一緒に行きました。

 第1部は地元の先生方のリサイタルです。女声はみなさんソプラノ、男声はみなさんバリトンでした。各先生方がそれぞれ1~2曲ずつ歌いました。中には地元の合唱団のボイストレーニングをなさっている先生もいたりして、地元密着の方々のステージなんだなあ…と思いました。

 休憩をはさんで第2部は、ちょっとしたお芝居をしながら入れ代わり立ち代わりオペラアリアを歌っていくという形式で行われました。ここで第1部には出演しなかった菊池慈生さんが出てきました。

 菊池慈生さんのプロフィール等をインターネットで捜してみたのですが、これくらいしかありませんでした。カルチャースクールで声楽の先生をやりながら舞台の仕事をされている方なのですね。キング先生と同じような立場の方みたいです。

 プログラムには「友情出演」とありましたので、おそらく地元の先生ではないのでしょうね。だから第1部では歌われなかったのだと思います。でも第2部ではたっぷり歌っていらっしゃいました。およそ全体の1/3くらいは彼の歌だったと思います。

 で、その歌声なのですが、甘くせつなく柔らかい、いかにも「美声」って感じのテノールでした。それをたっぷり聞くことができました。なんか聞きながら(私は同性なのですが)うっとりして聞き惚れてしまいました。

 そうそう、私は彼のように歌いたいのだよ…。元の声は明らかに違うけれど(笑)。

 いやあ、いいものを無料で聞かせていただきました、ありがとうございました。

« アオイ(葵)さんは三色金魚です | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

私も昨日は(有料でしたが。安かったけれど。)、地域密着型のコンサートに行ってきました。
記事では知人・・・と書きましたが昔の先生(テノール)が出演なさったからです。
うちからはとても遠いところで高速を飛ばして2時間半、先生もゲストだったので全く遠いところ(東京)から参加されました。
その中でこの人は・・・という若手ソプラノの方を発見しまして、やっぱり検索してみたのですが、あまりいろいろな情報は得られませんでした。
すごい実力なのに地味に活動している人って結構いますよね。
湘南のほうなら市民音楽祭でもすごい人がいる可能性が高いですよね。(うちのほうではそういう人は出てこない!)

>すごい実力なのに地味に活動している人って結構いますよね。

 そうそう、特に女性と若手に多いと思います。無名な人しか出ないコンサートでの楽しみは、そういう埋もれた実力者の発見にあると言えるでしょう。

 そしていつの日か、その音楽家が有名になった時に「私は彼(または彼女)が有名になる前から応援していたんだよねえ」と周囲に吹聴するのが楽しみです。 へへへ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16688283

この記事へのトラックバック一覧です: 菊池慈生さんはなかなかの美声なテノールです:

« アオイ(葵)さんは三色金魚です | トップページ | 記事削除の依頼があったため、削除しました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん