ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 音名について その6 男声は注意! | トップページ | 誤差の範囲くらいかな?[9月第1週] »

2007年9月 7日 (金)

巨星、落つ(パバロッティ追悼)

 あのパパロッティ氏が亡くなったそうだ

 すでに多くのクラシック系のブログで追悼のエントリーが書かれていますが、私も。

 私のお気に入りのオペラ歌手は以前にも書いたが、マリオ・デル・モナコである。でも、私がオペラに夢中になり始めた頃の現役のオペラ歌手の中からお気に入りを探すなら、何と言ってもプラシド・ドミンゴが一番だった。

 ドミンゴ好きな私にとって、パバロッティはドミンゴのライバル!と言う枠組みでしか考えてなかった。(ドミンゴと比べて)軽い声の歌手、(ドミンゴと比べて)演技力に不足のある歌手、(ドミンゴと比べて)ルックスの悪い歌手などとうそぶき、贔屓のドミンゴを持ち上げ、ライバルのパバロッティを貶めると言う、何とも安っぽいオペラファンであった私です。

 パバロッティの凄さが分かるようになったのは、合唱など自分で歌うようになってから。伸びやかな歌声、輝くような高音。実はとても難しいことなのだが、それらをラクラクとやってみせる(あるいは、そのように“見せる”)、この“かっこよさ”。確かにルックスではドミンゴに負けるパバロッティだが、その歌い手としてのかっこよさは脱帽モノです。

 今の私は「(モナコ以外の)好きな歌手は?」と聞かれたら「ドミンゴ!」と答えますが、「憧れの歌手は?」と尋ねられたら「パバロッティ」と答えます。実際「ドミンゴとパパロッティ、どちらかの声をあなたにあげると言われたら、どっちを選ぶ?」と言われたら、迷わずパバロッティを選びます。ま、そんなこと、あり得ませんが(笑)。

 パバロッティは、69歳までオペラを歌い、亡くなる少し前(享年71歳だそうです)までリサイタルをしていたそうです。なんと、すごい人なんだ。

 しばらくはパバロッティのCDばかり、聴いてしまいそうです。

 パバロッティの歌を聴いたことが無いという方にお薦めなのが、三大テノールの最初のライヴCD。もう17年も前の演奏だが、当時の私はテレビに釘付けになって三大テノールを見たものでした。「誰も寝てはならぬ」や「オ・ソレ・ミオ」などの名曲が入っています。三大テノールブーム(クラシック界限定)は、このライヴが成功したために起こったものです。そんな意味でもマストなCDです。ついでと言っちゃあなんだが、ドミンゴとカレーラスの歌声も聞けます。パワー系のテノールの声を浴びる快感が味わえますよ。

« 音名について その6 男声は注意! | トップページ | 誤差の範囲くらいかな?[9月第1週] »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

昨日はじめてトリノオリンピックの開会式の演奏を聴きました。
確か結構休んだ後だと聞いていたので、衰えているのだろうと思っていましたが、非常に若々しい演奏にびっくり!
見た目も若かったし。
やっぱり偉大な人だったんだ~と感じました。
ただ余裕で歌えてしまうので不幸な役には似合いませんね。

>ただ余裕で歌えてしまうので不幸な役には似合いませんね。

ははは、だから私はドミンゴが好きなんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16362184

この記事へのトラックバック一覧です: 巨星、落つ(パバロッティ追悼):

» ルチアーノ・パバロッティ 死去 [瓦版Blog]
ルチアーノ・パバロッティさんが自宅で療養中に病状が悪化し死亡したと報道されましたが パバロッティさんは、数日の間に何度か意識不明にになり死亡したそうです [続きを読む]

« 音名について その6 男声は注意! | トップページ | 誤差の範囲くらいかな?[9月第1週] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん