ひとこと

  •  ああ、ゴールデンウィークに突入いたしました。今年のGWは、レッスンと温泉とラ・フォルジュルネとオペラで過ごそうかと思ってます。あ、溜まったDVDも見ないとなあ。ああ、とりあえず忙しいGWになりそうだなっとね。それはそれと、今年のラフォルジュルネは、パソナが不参加なんすよ。ああ、残念残念残念。私はパソナのコンサートが大好きだったのに…、もう生きる希望が無くなったよ(ちょっと大げさ)。とにかく、パソナが不参加で悲しい私でした。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アケミ(朱美)さんが星になりました(涙) | トップページ | カスミさんは水草が好き »

2007年9月17日 (月)

音名について その8 ネット音名

 今回ご紹介しようと思っている音名には「~式」という名称がありません。それでは不便なので、私が勝手に「ネット音名」と呼んじゃう事にします。

 どんな人たちが利用しているかと言うと、主に「ネットでポピュラー系の歌の話をする若い男性」です。「ポピュラー系の歌」は「カラオケ」と読み替えても、たぶんそんなに大きくハズレないと思います。

 ネット音名は今までのものとはだいぶ毛色が違います。まずオクターブの区切りがA~Gです。なので、

 A(イ) B(ロ) C(ハ) D(ニ) E(ホ) F(へ) G(ト)

 となり、これで1オクターブです。

 基準音はおそらく二点ハ音でしょう。通称「HighC」と呼ばれる音です。これを「hiC」と書きます。この「hiC」が含まれるオクターブ上の音はすべて「hi~」という形を取ります。

 hiCの1オクターブ下のCは「mid2C」で、さらに下は「mid1C」で、その下は「lowC」です。お分かりになりますか?

 高音域に属する音が「hi~」、中音域が「mid~」、低音域が「low~」なのです。そして2オクターブに渡る中音域は、高い方を「mid2~」と呼び、低い方を「mid1~」と呼んで区別します。

 つまり「い音~一点ト音」までが、中音域になります。これは若い男性だと、肌感覚で納得できる呼び方だろうと思います。逆に女性・子供・中年以降男性にとっては、高すぎたり低すぎたりして「ここが中音域!」と言われても、なんかチグハグした呼び方と感じるかもしれません。

 ちなみに、hiCのオクターブ上はhihiC、その上がhihihiCになります。低い方はlowCの下がlowlowCです。ですので、ネット音名は、あまり広い音域の表現には向きません。

 おそらくは「HighC」に対する憧れから始まって、生まれた音名なんだろうと思います。実際、若い男性が使うにはかなり良い音名だと思いますが、それ以外の人や楽器には向かない音名でしょうね。まあ、若い男性に特化しているというのは、ネット社会自体がそうですから、これはこれで「有り」なんでしょうね。

 とりあえず、ネット万歳、ってことでいいっすかね。

 ひとまず、音名シリーズは終わりにします。次のシリーズものは…「ジーリとイタリア古典歌曲」というのを、2~3回の短期の予定で考えてます。

« アケミ(朱美)さんが星になりました(涙) | トップページ | カスミさんは水草が好き »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

なるほど~!
でも楽譜が欲しい・・・と思ってしまいました。
私もこういうことを記事にする時楽譜にして表現したいのですが、今のところできなくて説明するのが面倒です。
「ジーリとイタリア古典歌曲」、楽しみにしています。

 楽譜にすることはできなくはないのですが、それでは簡便さを信条とするブログらしくないし、そんな面倒なことをしていては毎日アップはできないなあと思い、私は文章のみの表現にしていますが、やはり楽譜があった方がいいですよね(笑)。
 参考までに、楽譜をブログにアップするためには、楽譜の画像を作り、写真のアップと同じ要領でアップロードすればよいのです。
 で、楽譜の画像の作り方なのですが、楽譜清書ソフト(例えばFinale)で楽譜を書き、その画面をWindowsなら「Print Screen」ボタンを押して、一度クリップボード上に保存し、今度はそれを画像編集ソフト(例えばPhotoshop)で呼び出して加工すれば、出来上がりです。
 難しくはありませんが、ちょっとばかり面倒です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16467938

この記事へのトラックバック一覧です: 音名について その8 ネット音名:

« アケミ(朱美)さんが星になりました(涙) | トップページ | カスミさんは水草が好き »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん