お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 音名について その4 嬰と変 | トップページ | プリマヴィスタ »

2007年8月29日 (水)

音名について その5 アメリカ式音名

 カラオケで上手に歌いたい!と思う人が手にするヴォーカル教本は、大抵ポピュラー系のものです。ポピュラー系はクラシック系のものとは違う音名を使っている場合が多いです。

 ポピュラー音楽と言えばアメリカ。ですから音楽用語もアメリカ式(英語)になります。

 C(ハ音)、D(ニ音)、E(ホ音)、F(へ音)、G(ト音)、A(イ音)、B(ロ音)

 中央ハ音は「C4」と表記されます。ここから始まる1オクターブは「~4」という形になります。一点へ音は「F4」です。「F4」と言っても花男とは関係ありません。

 とにかく基準音は「C4」と覚えちゃえば、後は簡単。

 「C4」の1オクターブ上は「C5」。後は、オクターブ上がるごとに数字が増えます。当然「C4」の1オクターブ下は「C3」。こちらはオクターブ下がるごとに数字が減ります。

 シャープはシャープ、フラットはフラットなので、一点嬰へ音は「F♯4」、変ロ音は「B♭3」となります。

 さすがアメリカ式。合理的で分かりやすいですな。 ちなみにこのアメリカ式、グローバル・スタンダードって奴ですか、別名を「国際式」とも言うそうです。

 次回は男声に関することを書きます。

« 音名について その4 嬰と変 | トップページ | プリマヴィスタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音名について その5 アメリカ式音名:

» クラシック [日記 ほらふき日記]
クラシックと弁護士会との組み合わせが成功すると良いですね。 異色のコラボ…弁護士会館でクラシック演奏 [続きを読む]

« 音名について その4 嬰と変 | トップページ | プリマヴィスタ »

フォト
無料ブログはココログ