ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 「自分らしく」についての追記 | トップページ | 私の声種は…男声です(笑) »

2007年8月20日 (月)

声楽学習はオカルトである

 怒られてしまうかもしれないけれど、私は真剣にそう考えています。声楽学習に科学的なアプローチを取り入れたり、システマチックなカリキュラムを考えている方々からは「何を馬鹿なことを言ってるんだい」と叱られそうだけれど、私の体験上、そう考えるとスーッと納得できることが多いのです。

 まずはオカルトの定義(研究社「新英和中辞典第6版」)をします。

 occult 【形】
   Ⅰ 神秘的な, 不思議な; 超自然的な, 魔術的な, オカルトの
           occult arts 秘術 《錬金術・占星術など》.
            (the) occult sciences (神)秘学.
   Ⅱ [the ~; 名詞的に; 単数扱い] 神秘的なもの, オカルト.
   語源 ラテン語「隠された」の意

 次に、分かりやすい例をいくつか挙げると…

息は背中(あるいは脇腹)に入れる
 息は肺にしか入らないから、背中に入れるのはナンセンスというのは簡単だし、科学的には背中に息は入らないのは事実。でも、先生の注意を受けながら、あれこれやっていると、確かにちょっとだけだけど、背中や脇腹に息が入るんですよ。私のレベルだと「ちょっとだけ」だけど、キング先生はあたかも背中に天使の羽根が生えていて、その羽根で羽ばたくかのように背中が動いて「こりゃ確かに息は背中に入っとるわい…」って感じになります。

声を胸に響かせる
 私はよく「もっと胸に響かせて!」と注意を受けます。あれこれやっていると「そう、それ!」と言われます。確かにその時はあたかも声が胸に響いているような感じになります。胸に手を置いて声を出すとビビビ~ッてきます。でも胸の中は空っぽではなく、筋肉も脂肪も骨もあるし内臓(肺や心臓)だってある。心臓の中は血液で満たされているし、肺は風船のイメージがあるけれど、実際は気管支や肺胞があってスポンジのようなものだし、一体どこに声が響く場所があるってんだい。でも、やってみると「声が胸に響く」としか表現できない感じになるんだよね。

音は上から取る
 音が下がり(フラット)気味の時に言われます。フラットしている時に言われるのだから、シャープめに歌えばいいと考えるのが科学的(?)かもしれませんが、それでは単に音がうわずるだけで上から取ったことにはならない。音程というのは上であれ下であれズレていたら気持ち悪いものです。あれこれやってOKもらった感じでは「上から取る」と言うのは、声を一度頭の中に持っていって、頭の中でグルンと廻してから下方向に出すって感じですかあ…ってこれも充分オカルト表現だなあ…。

 こんな感じで、ちょっと注意して見渡すと、クラシック、ポピュラー問わず、歌や発声に関する本やサイトにはこのような理不尽な表現が満載です。キング先生はオカルト表現の少ない先生だと思うけれど、それでも皆無というわけではありません。

 つまりつまり何が言いたいかって言うと、このような「理不尽さ」はまさに「オカルト」であり、それゆえ私は「声楽学習はオカルトである」と思っています。だから、声楽の話をすると、どうしてもオカルト寄りの表現方法を取らざるを得ないって事です。

 このブログの中でも、いっぱいオカルト表現が出てくると思いますが、そこは勘弁してください。でも、私の場合「オカルト」だと自覚して書きますので、読んでくださる方々もオカルトだと思って読んでください(笑)。

 と言うか、私の場合、オカルト表現と出会っても、先生のレッスンを受けることで、そのオカルトを現実化してゆくことができる(あるいはできる機会がある)から、オカルトでも困らないけれど、独学で歌の勉強をしている人(たくさんいると思うんだよね)はオカルトを現実化する機会がないよねえ…。そこが独学の壁ってことかなあ。

« 「自分らしく」についての追記 | トップページ | 私の声種は…男声です(笑) »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

今日の記事にリンクさせていただきました。
確かにオカルト的表現が多いですよね!(笑)

>Ceciliaさん

 リンクありがとうございました。リンク先の記事も読みました。

 記事を書いてから、約1年程立ちましたが、今でもやはり「声楽学習はオカルト」であると思ってます(笑)。

すっごく共感します(笑

もっと頭に響かせてーーー
とかいっても、そんなに響かせたな脳が・・・脳が!!

お腹で支えるとかいっても実態のない声をどうやって??
声帯をお腹で引っ張れるわけじゃないし!!

とか、ほんとオカルトです(笑

結局は感覚の問題なんでしょうけど、そこで素直に感覚をつかめる人もいればつかめない人もいますからね、難しいです。

そしてつかめない人はそのまま袋小路に迷い込んでしまうという悪循環になったりと…

>Marcyさん

 いや、この記事を書いてから、3年半立ちますが、やっぱり今でも「声楽学習はオカルトだなあ~」って思いますよ(笑)。でも、今とこの頃は、ちょっと受け取り方が違っています。この頃は、本当にオカルトでしかありませんでした。今は…オカルトの向こうにある真理のようなものが少~し見えるようになってきました。

 例えば「息は背中に入れる」と言うのは「正しい腹式呼吸でしっかり息を吸え」って言う事ですね。実際に正しい腹式呼吸をすると、脇腹がふくれるし、背中もふくらみます…今はそれが分かるし、自分のカラダもそうなります。だから、表現はオカルトチックだと思うけれど、めざす方向は全然オカルトじゃないと思います。

 しかし、理解して体得して始めて、その言葉の意味が分かるというのも、なんだろ?とは思うけれど、でもやはり、そういうオカルト的表現を使う利点も分かります。だって「正しく腹式呼吸をしろ!」と言われるよりも「背中に息を入れろ!」と言われた方が(少なくとも私は)より早く正解に近づけるような気がするからです。

 ちなみに、最近悩んでいるオカルト的表現は「声は正しい部屋に入れなさい」です。発声に失敗すると「あ、今のは隣の部屋に入っちゃった」とか「もう一つ上の階の部屋へ行こう」とか言われてます。どうやら、私の頭の中には無数の部屋があるようなんです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220134/16181687

この記事へのトラックバック一覧です: 声楽学習はオカルトである:

« 「自分らしく」についての追記 | トップページ | 私の声種は…男声です(笑) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん